フィトリフト オールインワンジェルの成分について

フィトリフト オールインワンジェルは、
ひとつで、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの
役割を果たしてくれる、

便利で効果も抜群のオールインワンコスメ。

うるおいキープ力とお肌のハリが抜群の
フィトリフト オールインワンジェルですが、
気になる成分はどんなものが入っているのでしょうか。

肌に直接つける、とても気になる成分、
それは、「フィト発酵エキス」と呼ばれる植物性エキス。

あまり聞いたことのない成分ですが、
この「フィト発酵エキス」は、お肌の美肌環境を整えるチカラが
プラセンタの約2倍もある注目の成分なんです!

保水力に優れたこの「フィト発酵エキス」が、肌のすみずみにまで浸透し、
肌の外側からも内側からもしっかりアプローチしてくれるので、

長時間たっても、肌はぷるぷるのしっとりをキープできるんです♪

そして、これだけではなくて、以下の成分も必要十分に配合されており、
美容成分が99.7%も配合されているというから驚きです!



詳細はこちらからチェック ↓↓
速効!「10秒」でピーン!美容成分99.7%のハリ肌コスメ

.

オールインワンジェルのメリットとは?

スキンケアの時間は女性たちにとって必ず必要ではあるものの、
なかなか確保するのが難しいもの。

そんな女性たちに大人気なのがオールインワンジェルです。

今回はそのオールインワンジェルのメリットについて解説していきたいと思います。

 


まず、何といっても一番の魅力は、スキンケアの時間を短縮できることです。

通常の化粧品なら、「化粧水→美容液→乳液→クリーム」と決まった順で
お肌のケアをしていくことになります。

でも、これが時間がかかって面倒なんですよね。

しかし、オールインワンジェルならば「一度」で、
この全ての機能をサポートすることができるのです。

これによって、忙しさを理由にスキンケアが手抜きになってしまうことを避けられます。
毎日のことですから、時間が短縮されるのは嬉しいですよね。

 


そして、スキンケア代の節約もオールインワンジェルを使うことで実現します。

化粧品をあれこれ買うと、どうしても費用がかかってきます。
それらをひとつにまとめることができるので経済的です。

化粧水・美容液・乳液・保湿クリームなどをそれぞれ購入すると、
1万円くらいは簡単に超えてしまいませんか?

でも、オールインワンジェルなら、たいていは1万円以下で購入可能です。

オールインワンジェルを単体で見れば、他の化粧水や乳液と比べると高めですが、
機能をわかってトータルで見るとかなりお得となるはずです。

 

ひとつだから持ち運びも楽だし、省スペースだから整理整頓も簡単です。
旅行や出張の際にあれこれ確認したり、忘れ物したり、ということも防げます。

そして、このようにシンプルスキンケアに不安を覚える方もいるでしょう。

 実は、オールインワンジェルのメリットには肌にやさしいという点があります。

スキンケアを行う場合、手やコットンで肌をマッサージすると思いますが、
やりすぎることはありませんか?

マッサージし過ぎや、マッサージ時の力の入れすぎは、
逆にお肌に大きな負担を与えてしまいます。

それを何アイテムも塗るならば、それが当然、お肌の負担となってしまいます。



摩擦で炎症などがおこったことが原因で、シミが発生してしまう場合もあるので、
できるだけお肌に優しいスキンケアを目指したいと誰もが思っているでしょう。

それだけに、1ステップで済むオールインワンジェルは、
お肌への負担を軽減する基礎化粧品としても優秀なのです。

お肌のケアは、シンプルになればなるほど、お肌への負担を減らすことが可能です。

 

他にもいろんなメリットがオールインワンジェルにはあります。

たとえば、なくなった時はひとつを買い足せばいいだけです。
人によっては、使っている化粧品がいくつものお店に散らばっていて大変ですよね。

この買い物の手間が省けるのは忙しい現代の女性たちには嬉しいですね。

また、当然オールインワンジェルにはさまざまな美容成分が凝縮されています。

さまざまな美容成分が徹底した研究によるバランスで凝縮されているため、
ワンステップで美白・アンチエイジング・肌荒れ改善など、様々な効果があります。

これを実現しようと思ったら、たくさんの勉強と実験を繰り返す必要があります。
誰しも、自分の肌で実験はしたくもないし、しないで済む勉強はしたくないですよね。

このようにオールインワンジェルにはたくさんのメリットがあるので、
今、爆発的な支持を得るようになってきているのです。

こちらが口コミでも人気の、バランスのとれたオールインワンジェル商品です。

オールインワンジェルのデメリットとは?

最近、その手軽さで人気を集めているオールインワンジェルですが、
たくさんのメリットがある反面、やはりデメリットもあります。

今回はこの観点から、
現在オールインワンジェルを利用中の人、
これから利用てみしようとと考えている人に、
参考になる情報を紹介したいと思います。

 

デメリットがあるから悪いということではなく、
デメリットもわかって、賢く使っていけたら良いのではないでしょうか。

まず、オールインワンジェルの守備範囲を確認しましょう。

オールインワンジェルは、
洗顔後に使用する基礎化粧品が一つのジェルでまかなえるというものです。

オールインワン化粧品と言う場合もあります。

その場合はジェル以外のものを含みますが、ほとんどはジェルで提供されています。
このジェルの中に化粧水・乳液・美容液・クリームなどの成分が配合されています。
ということは、化粧の下地になる部分がほぼカバーされているということですね。

気になるのは、どこまで本当にカバーされているのかです。

実は、残念ながら化粧品単体ほどの効果を求めてはいけませんし、
それぞれの肌にジャストフィットを目指すならやはり化粧品は分ける方が無難です。



例えば化粧水なら、お肌の角質層の隙間に水分を入れることにより、
内側からふっくら潤いのあるお肌にしてくれる効果があります。

美容液はその水分の通り道に沿って高い美容成分を肌の奥まで届ける働き、

乳液やクリームは潤った後のお肌表面に膜を張って潤いを保護する働きがあります。
スキンケアは通常、こうした順番に沿って進行します。

その過程で潤いを与え、肌をきれいにするサポートの役割を果たしますが、
オールインワンジェルはそのすべての工程を一度のタイミングで同時に行います。

いくら高濃度であっても、お肌が成分を吸収する順序や時間が整っていないため、
効果は単品よりも弱まってしまうということなのです。

 

また、オールインワンジェルの中には、下地の役割を果たすものもあります。

化粧下地は、ファンデーションがフィットしやすく崩れにくくする役割をします。

お肌に良くない化粧下地の成分がお肌に直接触れることで、
角質層の奥に化粧下地の成分が入りこみ、汚れの原因となってしまうこともあります。

 

やはり便利な商品である一方で、お肌へのリスクもあることは確かなようです。

しかし、オールインワンジェルは、自分のスキンケアを考えたときに、
何を必要としているのかをよく考えて選べば、とても便利で優秀な化粧品です。

自分のお肌とよく対話しながら、自分に本当に必要なものを選ぶようにしましょう。