リフトアップジェルの効果について

リフトアップジェルの効果、どこまで信じてますか?
リフトアップジェルとは、お肌のリフトアップ(持ち上げ)効果があるジェルのことです。

一般的に手軽なスキンケアのためにオールインワンジェルを使う人は多いです。
その中には、リフトアップ効果のあるものもあり、お肌のたるみに効果があります。

加齢に伴う肌にたるみは避けられません。

肌がたるみ始めると、顔の中に影ができてしまうために、
暗い印象を与え、そして老け顔に見られてしまいます。

シミやしわは自分でも注意するしハッキリ見えるので、すぐに自分でも気づきますが、
たるみは徐々に出てくるので、かえって毎日鏡を見ていると気づきません。

ですから、たるみに気づいた時には顔のラインも変わっていた!という方も多いのです。



実はこのたるみ、
20代後半から徐々に始まり、30代になると一気に加速して進行します。

肌がたるむ原因は、新陳代謝の低下により、
コラーゲンなどのお肌を若く保つための成分が減ってしまうことにあります。

紫外線や乾燥肌は、たるみの出現を早くしますので普段から注意が必要です。

 

さて、原因がわかったところで、そこでリフトアップジェルの登場です。

リフトアップジェルには、お肌の保湿効果があります。

例えばこのコスメ ⇒ フィトリフト

肌の乾燥は小じわの原因になるだけではなく、
美容に関することすべてによくないと言っても良いくらいです。

保湿成分がたっぷり配合されているジェルは、この乾燥予防に効果的です。

たるみの進行によりフェイスラインが崩れてきたり、
ほうれい線がくっきりしてきたら、リフトアップ効果のあるジェルを使いましょう。

購入ボタン

オールインワンジェルのメリットとは?

スキンケアの時間は女性たちにとって必ず必要ではあるものの、
なかなか確保するのが難しいもの。

そんな女性たちに大人気なのがオールインワンジェルです。

今回はそのオールインワンジェルのメリットについて解説していきたいと思います。

 


まず、何といっても一番の魅力は、スキンケアの時間を短縮できることです。

通常の化粧品なら、「化粧水→美容液→乳液→クリーム」と決まった順で
お肌のケアをしていくことになります。

でも、これが時間がかかって面倒なんですよね。

しかし、オールインワンジェルならば「一度」で、
この全ての機能をサポートすることができるのです。

これによって、忙しさを理由にスキンケアが手抜きになってしまうことを避けられます。
毎日のことですから、時間が短縮されるのは嬉しいですよね。

 


そして、スキンケア代の節約もオールインワンジェルを使うことで実現します。

化粧品をあれこれ買うと、どうしても費用がかかってきます。
それらをひとつにまとめることができるので経済的です。

化粧水・美容液・乳液・保湿クリームなどをそれぞれ購入すると、
1万円くらいは簡単に超えてしまいませんか?

でも、オールインワンジェルなら、たいていは1万円以下で購入可能です。

オールインワンジェルを単体で見れば、他の化粧水や乳液と比べると高めですが、
機能をわかってトータルで見るとかなりお得となるはずです。

 

ひとつだから持ち運びも楽だし、省スペースだから整理整頓も簡単です。
旅行や出張の際にあれこれ確認したり、忘れ物したり、ということも防げます。

そして、このようにシンプルスキンケアに不安を覚える方もいるでしょう。

 実は、オールインワンジェルのメリットには肌にやさしいという点があります。

スキンケアを行う場合、手やコットンで肌をマッサージすると思いますが、
やりすぎることはありませんか?

マッサージし過ぎや、マッサージ時の力の入れすぎは、
逆にお肌に大きな負担を与えてしまいます。

それを何アイテムも塗るならば、それが当然、お肌の負担となってしまいます。



摩擦で炎症などがおこったことが原因で、シミが発生してしまう場合もあるので、
できるだけお肌に優しいスキンケアを目指したいと誰もが思っているでしょう。

それだけに、1ステップで済むオールインワンジェルは、
お肌への負担を軽減する基礎化粧品としても優秀なのです。

お肌のケアは、シンプルになればなるほど、お肌への負担を減らすことが可能です。

 

他にもいろんなメリットがオールインワンジェルにはあります。

たとえば、なくなった時はひとつを買い足せばいいだけです。
人によっては、使っている化粧品がいくつものお店に散らばっていて大変ですよね。

この買い物の手間が省けるのは忙しい現代の女性たちには嬉しいですね。

また、当然オールインワンジェルにはさまざまな美容成分が凝縮されています。

さまざまな美容成分が徹底した研究によるバランスで凝縮されているため、
ワンステップで美白・アンチエイジング・肌荒れ改善など、様々な効果があります。

これを実現しようと思ったら、たくさんの勉強と実験を繰り返す必要があります。
誰しも、自分の肌で実験はしたくもないし、しないで済む勉強はしたくないですよね。

このようにオールインワンジェルにはたくさんのメリットがあるので、
今、爆発的な支持を得るようになってきているのです。

こちらが口コミでも人気の、バランスのとれたオールインワンジェル商品です。

オールインワンジェルのデメリットとは?

最近、その手軽さで人気を集めているオールインワンジェルですが、
たくさんのメリットがある反面、やはりデメリットもあります。

今回はこの観点から、
現在オールインワンジェルを利用中の人、
これから利用てみしようとと考えている人に、
参考になる情報を紹介したいと思います。

 

デメリットがあるから悪いということではなく、
デメリットもわかって、賢く使っていけたら良いのではないでしょうか。

まず、オールインワンジェルの守備範囲を確認しましょう。

オールインワンジェルは、
洗顔後に使用する基礎化粧品が一つのジェルでまかなえるというものです。

オールインワン化粧品と言う場合もあります。

その場合はジェル以外のものを含みますが、ほとんどはジェルで提供されています。
このジェルの中に化粧水・乳液・美容液・クリームなどの成分が配合されています。
ということは、化粧の下地になる部分がほぼカバーされているということですね。

気になるのは、どこまで本当にカバーされているのかです。

実は、残念ながら化粧品単体ほどの効果を求めてはいけませんし、
それぞれの肌にジャストフィットを目指すならやはり化粧品は分ける方が無難です。



例えば化粧水なら、お肌の角質層の隙間に水分を入れることにより、
内側からふっくら潤いのあるお肌にしてくれる効果があります。

美容液はその水分の通り道に沿って高い美容成分を肌の奥まで届ける働き、

乳液やクリームは潤った後のお肌表面に膜を張って潤いを保護する働きがあります。
スキンケアは通常、こうした順番に沿って進行します。

その過程で潤いを与え、肌をきれいにするサポートの役割を果たしますが、
オールインワンジェルはそのすべての工程を一度のタイミングで同時に行います。

いくら高濃度であっても、お肌が成分を吸収する順序や時間が整っていないため、
効果は単品よりも弱まってしまうということなのです。

 

また、オールインワンジェルの中には、下地の役割を果たすものもあります。

化粧下地は、ファンデーションがフィットしやすく崩れにくくする役割をします。

お肌に良くない化粧下地の成分がお肌に直接触れることで、
角質層の奥に化粧下地の成分が入りこみ、汚れの原因となってしまうこともあります。

 

やはり便利な商品である一方で、お肌へのリスクもあることは確かなようです。

しかし、オールインワンジェルは、自分のスキンケアを考えたときに、
何を必要としているのかをよく考えて選べば、とても便利で優秀な化粧品です。

自分のお肌とよく対話しながら、自分に本当に必要なものを選ぶようにしましょう。

肌のハリ弾力をアップするために

女性にとって肌は命。
肌のハリ弾力アップは加齢と戦う女性たちの宿命です。

シワやたるみは、加齢によって肌のクッションとも言えるコラーゲンが減少し、
肌のハリ弾力が失われることによって表れます。

逆に言えば、肌のコラーゲン量が増えればハリ・弾力がアップするということです。
コラーゲンを摂取することで、シワやたるみなどが解消されるという理由がこれです。

しかし、ただ何でも摂取すれば良いのではありません。

今回は肌のコラーゲン量を増やすのに有効な、プロテインについて紹介します。



まず、プロテインとは、一言で説明すると「高タンパク質食品」のことです。
プロテインというと、マッチョな人が摂るものと思ったりしていませんか?

タンパク質は筋肉や臓器などを構成するために必要な成分となるほか、
酵素などにもなり、人間誰もが生きていくうえで欠かせない栄養素です。

実はこのプロテイン、摂取するタイミングや方法によって得られる効能が異なります。

 

女性にとっては筋肉の大きさよりも、肌のコラーゲン量を増やすのが重要です。
では、どのようにプロテインを摂取すれば良いのでしょうか。


肌のコラーゲン量を増やすためには就寝前にプロテインを摂取することが重要です。

これは眠っている間に成長ホルモンが分泌されることと関係があります。
そして、必ずビタミンCとともに摂取することが合わせて重要です。

シェーカーに水とプロテイン、ビタミンCの粉末を少量入れて1ヶ月ほど摂取すると、
肌のハリ・弾力が驚くほどアップしたことが感じられます。

肌が内側からふっくらし、小じわ・たるみの改善を感じることができるはずです。

 

また、プロテインには植物性(ホエイ)のものと、
動物性(カゼイン)のものとがあります。

植物性の方が低カロリーですので、
就寝前に美容のために摂取するなら植物性が良いでしょう。

 

エイジングケアの中では、コスメはそれほど重要ではありません。
なぜなら、コスメは根本的な解決にはならないからです。

そこで重要になってくるのがインナービューティで、
これは劇的な改善はないものの、私たちの生活の中から作られていきます。

ですから、肌の悩みに応じて使用するコスメを増やすのではなく、
肌の悩みに効果のある食品やサプリなどを積極的に摂取し、
体の内側から問題の改善に取り組むことがアンチエイジングには重要なのです。

購入ボタン

肌のハリ弾力を取り戻すための食事

誰でも、お肌のハリ・ツヤは加齢とともに失われてしまうもの。

ある程度の衰えは仕方ないと思いつつも、
少しでもその衰えに逆らって、若さを保ちたいと多くの女性が考えますよね。

わかっていても、ハリやツヤが失われてきた肌は魅力がなく、自分でも嫌なもの。

 

アンチエイジングは日々の生活がものをいいます。

エステやコスメにお金をかけて解決しようとしないで、
毎日の食事の中から解決の糸口を探してみましょう。

今回は、そのサポートとして、お肌のハリ弾力を取り戻す成分・食品を紹介します。

お肌のハリや弾力で悩んできたなら、まずは食事に気をつけましょう。



重要な成分は、ビタミンで言うと、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど。
その他の成分だと、
コラーゲン、エラスチン、コエンザイムQ10、カルシウム、亜鉛などがあります。


ビタミンAは、βカロチンとして野菜から摂取することができます。
お肌の新陳代謝を促す効果があるので、積極的に取り入れましょう。

ビタミンAを多く含む食べ物は、レバー、ウナギ、緑黄色野菜などです。
ビタミンCが美容に重要なことはよく知られています。
お肌の真皮まで届きやすく、肌を白く健やかな状態に保ちます。

また、抗酸化作用に優れていて、コラーゲンや有効成分の吸収率を高めます。
ビタミンCを多く含む食べ物は、果物類や青魚などがあげられます。
熱に弱いので、食材にもよりますが加熱よりは生食がおすすめです。

ビタミンEは抗酸化作用に優れた成分で、細胞内部の老化を予防します。
ビタミンEを多く含む食べ物は、アボカド、アーモンド、レバー、などです。


コラーゲンはお肌の弾力をアップさせるのに有効な成分。
肌に潤いを与え、保水力をアップさせ、乾燥から肌を守ります。
コラーゲンを多く含む食べ物は、ふかひれ、鳥の手羽先、軟骨、豚足などがあります。


エラスチンは、上記のコラーゲンを結びつける役割を果たして美肌に効果があります。
エラスチンを多く含む食べ物は、鳥の手羽先、軟骨などです。


コエンザイムQ10は肌細胞を活発にする効果があり、肌の弾力をアップさせます。
コエンザイムQ10を多く含む食べ物は、ホウレンソウ、牛肉、レバーなどです。


カルシウムは骨を強くするのが有名ですが、他にも皮膚の抵抗力を高めます。
炎症を抑える作用があり、肌を健やかな状態に導きます。
カルシウムを多く含む食べ物は、チーズ、牛乳、小魚、などがよく知られています。


亜鉛には、新陳代謝を活発にする効果があります。
コラーゲンを増やす効果があるので、美肌効果を期待することができます。
亜鉛を多く含む食べ物は、貝類、レバー、するめ、牛肉、などです。

 

逆にお肌に良くない食品や成分も当然あります。

毎日、有効成分を摂取していても、
悪い成分を同時に取り組んでいるようではいけません。

エイジングケアの基本は、必要のないものを断捨離することです。

 

良くない食品・成分の代表的なものとして、お酒、炭水化物などの糖質があります。
他にも、油分や添加物もよくありません。
こうしたものが多く含まれがちな外食は控えめにした方が賢明でしょう。

嗜好品はほどほどにして、少しずつ減らしていきましょう。

このようなことを意識して、インナービューティを日々構築していきましょう。

体の内側は良いものを摂取して、体の外側からは効果的なコスメを利用し、
両面からケアしていきましょう。

すぐに目に見えた効果があらわれなくても、5年後、10年後、
必ず行ってきたことの成果は若くハリのある肌としてきっと出てくるはずです。

乾燥肌に保湿ケアが必要な理由

乾燥肌の方は保湿ケアを必ず行うようにしましょう。
言うまでもなく、お肌の乾燥は全てのスキンケアを行う女性の天敵です。

肌の乾燥からシミやたるみ、お肌の悩みが続々と出てくるので、
スキンケアの基本でもあり、最大の敵とも言うことができます。

だから、美肌のためには乾燥させないこと、保湿が大事だとみんな口々に言うのです。
それゆえに、保湿成分の入った化粧品類は非常に多いです。

 

乾燥とはつまり、水分のたりない状態を指します。
保湿成分がなぜ大事かというと、水分を肌から逃さないためなんです。
保湿化粧品というのは、実は、化粧水を閉じ込めるために使っているものなのです。

体内に水分がたくさんあれば大丈夫というものではなく、
多量に必要だからこそ、必要な分を保っておかなければならないのです。



人間の体は水分が70%以上と言われていますが、それだけ多くの水分でできています。
ですから、この水分の状態で人間の見え方が変わってしまうのです。

保湿をしなければ、水分が肌の角層からどんどん蒸発して乾燥していってしまいます。
すると、乾燥した部分がかゆくなったり、つっぱった感じとして表れます。

大人もニキビができたりすることがありますが、
これは保湿が足りずに肌の状態が乾燥や脂性肌に傾くことによって発生します。

この状態がひどくなると、アトピー性皮膚炎や炎症などの症状が慢性化してしまいます。
すると一層肌の表面が傷つき、乾燥の度合いも悪化し、老化した肌に見えてしまいます。

そして、乾燥状態が続けば肌の老化が早まってしまいます。

 

乾燥はしわやたるみの原因になり、そして紫外線に弱くなってしまいます。

ですから、肌に水分を与えるということも大事ですが、
与えた水分をいかに守るか、という観点も必要なのです。

保湿をすることで老化を遅延させ、アンチエイジングの効果を引き出します。
ですから、乾燥肌には保湿ケアが実に重要なのです。

保湿が大事なんだということは、わかっていても定期的に自分に言い聞かせましょう。
日々の努力がエイジング対策には重要です。

肌老化の3つの原因と対策

にっくき肌老化の原因を知ってお肌の悩みを解消したい人は多いですよね。
今回は肌老化の原因について考え、改善方法をご紹介していきましょう。

肌老化の3つの原因は大きく3つ。
今回はこれについて紹介します。

 コラーゲンの減少
コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、肌の真皮の主成分です。
皮膚は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」とありますが、

その中でも「真皮」は、肌の土台となっている部分で、
その約70%がコラーゲンからできています(水分は除く)。

エラスチンやヒアルロン酸がこのコラーゲンを保ったり隙間を埋めています。
これらも有名な美肌成分ですよね。

3つの潤い成分が支え合うことで肌にハリと弾力が保たれているのですが、
25歳あたりからコラーゲンを生成する能力が急降下し、
40歳あたりからはほとんど作られなくなります。

すると、これらの成分は減っていくのみで、
真皮はこれらの成分で満たされた状態から空っぽになってしまうのです。
しぼんだボールがシワシワなように、肌もしぼんでハリと弾力が無くなってしまいます。

 

コラーゲンの減りを早めている原因は他にもあります。
それが実は「紫外線」です。

これが多くの人にとっては加齢以上の主原因と言われています。
紫外線を浴びれば浴びるほど、コラーゲンは劣化、または減少していきます。

その他にも、過度なダイエットや偏った食事からくる栄養不足も原因となります。
間違ったダイエットや栄養の知識は、
その時だけでなく、その後の肌にも大きく関わってきますので、十分な注意が必要です。



 活性酸素の増加
続いて活性酸素の増加についてです。
活性酸素は、元々は身体に害のある細菌を退治する働きをしています。
増えすぎると細胞や遺伝子を傷付けたり肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

活性酸素は生きていれば発生するものなのですが、
この活性酸素を除去する抗酸化力が私たちには元々備わっています。

しかし、その抗酸化力は無限ではなく、年齢と共に低下していきます。

そうなると活性酸素は増える一方で、
細胞を傷付け、コラーゲンの生成やターンオーバーの邪魔をし、肌老化の要因となります。

活性酸素が増える要因は、紫外線、喫煙、ストレス、過労、食品添加物などがあります。

 

 ターンオーバーの乱れ
ターンオーバーとは、「皮膚細胞の生まれ変わり」を意味します。

この皮膚細胞とは、皮膚の一番表面の「表皮」のことで、
ターンオーバーはこの部分でのみ行われます。

細胞の生まれ変わり周期は、年齢によって違いがあります。
その周期は広く「28日」といわれますが、これは20代~30代の目安です。
基本的に年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期は遅くなっていきます。

ターンオーバーが遅くなるとどうなるのかと言うと、
自然に剥がれるはずの垢(老廃物)がいつまでも肌表面に残ってしまいます。

それによって、肌の角質層がぶ厚くなり、
シミ、ソバカス、ハリやツヤの減少、くすみ、小じわなどの原因となるのです。

このターンオーバーを乱すのは加齢だけでなく、
紫外線、ストレス、スキンケアの不足や間違い、睡眠不足、血行不良なども原因です。

 

肌老化を抑えたいという方は、まずは規則正しい生活を心がけましょう。
その上で余裕のある方は、UVケアやコラーゲンの摂取など各対策を行ってみましょう。

 

肌老化の予防についてはこちらの記事を ⇒ 肌老化を予防する3つのポイント

肌老化を予防する3つのポイント

今回は肌老化を予防するための3つのポイントについて紹介します。
(肌老化の原因についてはこちらの記事 ⇒ 肌老化の3つの原因と対策

 UV(紫外線)ケア
肌老化のほとんどの原因になるUVですが、
まずはUVケアの基本、SPFやPAという日焼け止めの効果の意味を知りましょう。

実は、対策をすべき紫外線には「UV-A」と「UV-B」の二種類があります。

日焼け止めにSPFとPAの両方表示がされているのは、
防ぐ紫外線の種類が違うからなのです。

SPFはUV-Bを防ぎます。
UV-Bは表皮を攻撃して、皮膚を炎症して赤くさせます。
長時間外にいると日焼けしたと感じ、肌が熱く感じるのはこのUV-Bによるものです。

SPFの数字は、塗らなかった場合と比較して、
日光を浴びて皮膚が赤くなるまでの時間が何倍かかるかという表示です。

紫外線を防ぐレベルを表すものではないので注意しましょう。

 

また、表示可能なSPFの上限は50となっていて、それ以上は50+と表記されます。
SPF値が大きいほど肌へは負担が大きいので、SPFは低めのものを塗り直すのが基本です。

そして、PAはUV-Aを防ぎます。
UV-Aはコラーゲンを作る細胞を刺激したり、活性酵素を増加させます。
UV-Bのように目ではわからないため、注意が必要です。
PAの表記には+、++、+++、++++の4段階があり、+が多い方が防ぐ力が強いです。

UV対策の基本は、日焼け止めをこまめに塗り直すことです。
汗と一緒に流れたり、化粧崩れによって日焼け止めの効果が薄れるからです。
2~3時間たてば効果はなくなっていると考えましょう。



また、日焼けしてしまった場合は、まずは冷やし、
その後はすぐに美白ケアをするのは控えるようにしましょう。

日焼けした肌はバリア機能が衰えていますので、美白化粧品の成分は刺激が強いです。

まずは肌を休ませ、最低限の保湿ケアだけにしておきます。
当然、化粧も避け、さらに日焼けしないように注意をはらってください。

 

 コラーゲンを増やす

続いて、コラーゲンを増やすことについてです。

とはいうものの、コラーゲンを摂取しても、肌にはあまり意味がありません。

ドリンクもありますが、口から摂取しても、そのまま肌にいくわけでなく、
アミノ酸に分解された後に別の部分で使用されてしまいます。
ですから、美容目的なら化粧品などを通して補います。

このためにはコラーゲンを増やすのに有効な成分を化粧品などで補っていきます。
これらの成分には、ナイアシン、ビタミンC誘導体、レチノールなどがあります。

 ピーリング
そして、肌老化予防の三つ目はピーリングを行うことです。

ピーリングとは、肌表面に残ってしまっている古い角質を剥がすことです。
これにより、新しい細胞を作る準備を整え、コラーゲンの生成を早めます。
これがしわ、たるみ、ニキビ、毛穴の黒ずみなど様々な肌老化の症状を改善します。

ピーリングの際の注意は、まず、ピーリング剤をよく選ぶこと。
いろんな種類・成分がありますが、肌への負担が小さい洗い流すタイプがおすすめです。

また、使用法上の注意を良く守り、
特にピーリングをすべきでない人に該当する人は絶対にしないようにしましょう。

ピーリング中に力を入れすぎると、正常な角質を剥がれ、角質が更に増えてしまいます。
また、アフターケアの保湿はしっかり行うようにしましょう。

頻度は、まずは商品記載の頻度を守り、記載がなくても、週1を目安にしましょう。
毎日Okと書かれていても、肌には負担がありますので、やりすぎないよう注意です。

購入ボタン