肌年齢チェックの仕組み

肌年齢という言葉は聞きますが、肌年齢は何を基準にチェックしてるんでしょうか?
化粧品売り場や、何かのイベントの際に機械でチェックしているのを見かけますね。

実はこの時、肌の「水分量」「油分量」「シミしわ」を重み付けして測定しています。

メーカーや機械によって基準は違いますが、
肌に当てて機械的に測定するものは大部分、そのような仕組みになっています。

ですから、逆に言えば、肌年齢チェックでいい結果を出すためには、
上記の要素を改善してしまえば良い、ということになります。



そして、インターネットなどでは質問に答えると肌年齢がわかるものがありますね。

これは、ひとつひとつの質問項目の回答ごとにポイントが決まっており、
全ての質問が終わったときの合計ポイントからあなたの肌年齢を算出します。

少し手の込んだものだと、そのポイントも上記の機械同様に項目ごとに割り振られ、
その結果から肌の状態を予想して判断します。

実はこういうテスト、生活習慣などから重み付けしているものは結構確度が高いです。
というのも、生活習慣というのは自分だけでなく、親や家庭から来ることも多いから。

言い方を変えると、生活習慣もある程度「遺伝している」のです。
そう考えると、自分の体質的な問題として受け止めるしかありませんよね。

 

肌年齢チェックと一言で言っても、やり方はいろいろあります。
ですが、どれを取ってみても、肌の状態を観測するための一定の根拠に基づいています。

ですから、アテにならないものと考えずに、そんなワケはないと怒ったりせずに、
結果から分析される自分の肌年齢と、その改善策については謙虚に耳を傾けましょう。

あくまでコンテストではなく、テストですから、
結果を競うのではなく、それを用いて自分の肌年齢を若く引き上げる機会としましょう。

年齢肌を改善する

年齢肌と言う言葉をご存知ですか?

年齢肌は、簡単に言えばシワ・シミ・たるみ・ほうれい線など、
老化症状の表れている肌のことをさします。

毎日自分の顔、肌は見ていますから、意外とこの年齢肌はすぐに気づきません。
その分、自覚するとそのショックは大きいとも言われています。



今回はその年齢肌を改善する方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

若く、健康的で美しい肌にはいくつかの条件があります。

一般に、肌には「う・な・は・だ・け・つ」がそろっていると良いそうです。

これは、

うるおい
なめらかさ
はり
弾力
血色
つややかさ
カラー囲みテキスト

の頭文字を並べたもので、若々しく健康な肌には、これらがそろっています。
逆に言えば、これらをそろえれば年齢肌を改善することができるのです。

 

その時、カギを握るのが化粧品によるスキンケアです。

年齢肌に効く有効成分には、
EGF、レチノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、などがあります。

EGFは、肌細胞の代謝を早めて若々しくさせる成分です。
元々人間の皮膚にありますが、加齢とともに減るので、化粧品で補うことが大切です。
同様の働きをするIGFやFGFが一緒に配合されているとさらに効果があります。

レチノールはビタミンAやβカロチンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を強くします。
新陳代謝を活発にし、保湿効果も高いのでシワやほうれい線の解消に役立ちます。
化粧品と合わせて、食品からも摂取することが可能なので食事でも意識しましょう。

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCの役割をする成分です。
アンチエイジング効果を多様に持ち、代表格は強い抗酸化作です。
老化現象の多くは細胞が酸化することで生じるので、年齢肌改善には欠かせません。

プラセンタエキスは「栄養素の宝庫」とも呼ばれる成分です。
炎症を鎮め、代謝を促進し、美肌にする効果があるため重宝されています。
何より新たな肌を作る細胞の数を増やす効果が注目されています。

 

これらの成分を積極的に取り入れることで、
肌の「うなはだけつ」が整えられ、年齢肌を若返らせることができます。

加齢は誰にでもあるものですが、だからと言って年齢肌の開始は同じではありません。
時間は止められませんが、年齢肌は止められます。

いつもこの「うなはだけつ」を注意しながら、自分の肌を細かくケアしましょう。

エイジングケアのやり方を知ろう

正しいエイジングケアのやり方を知ることは、
自分の肌を若く保つだけではなく、それに伴う恩恵を受けることにつながります。

だから、あせって我流でお手入れをするのではなく、
正しいエイジングケア方法を学んでやってみることをおすすめします。

エイジングケアの基本中の基本は、「肌に悪いことをやめる」ことです。
肌のためにできることは、女性であればたくさん思いつくと思います。

 

たとえば、化粧品選び、食事の工夫、サプリメントの利用など、
いろんな方法があることを多くの人はご存知ですし、そのためにがんばっています。

しかしながら、肌のためにやめることを、どれだけしましたか?
多くの人にとって、これが盲点です。

若々しい肌になりたいと願うなら、肌に悪い行為はバッサリやめてしまいましょう。



例えば、タバコは肌に悪いものの代表格です。

たとえ肌に良いビタミンCをたくさん摂取しても、
そのビタミンCを破壊し消費させるタバコを吸い続けるなら、
プラスマイナスは限りなくゼロ、マイナスに近づいてしまいます。

ビタミンCはたくさん摂取しても、蓄積もされず、お腹も壊しやすくなります。
しかしタバコは吸うほどもっと吸いたくなります。
これって圧倒的に不利ですよね?それでも吸い続けますか?

また、代謝を上げようと運動をしたり、食事に気を遣っている方も多いですよね。
しかし、それでも細胞が入れ替わる時間帯にきちんと睡眠ができてますか?

お肌のゴールデンタイムを逃して、他の時間にがんばっても効果薄です。

エイジングケアの効果を最大に引き出すためにも、
まずは肌に良くない生活習慣を捨てていくことを始めていきましょう。

エイジングケアの代表的なものは、以下の通りです。

1.シミ
シミ対策は、まず紫外線対策の徹底から始まります。
外出時には必ず、日焼け止めクリームや、UVカット効果のある下地やファンデーションを塗りましょう。
春や夏の紫外線の強い季節は、帽子や日傘の利用は必須です。

また、メラニンの沈着を抑え、メラニン色素を還元してシミを薄くする効果のある
ビタミンCを積極的に摂取してきましょう。

オススメの食材は、
ゴーヤ、パセリ、パプリカ、ブロッコリー、ピーマン、いちご、キウイ
などがありますが、難しければ時々はサプリメントを使っても構いません。

2.乾燥、シワ、たるみ
乾燥からくるシワ、たるみの対策はとても大事です。
また、乾燥はその他にもいろんな害をもたらしますから、不正でいきたいところ。
人間の70%は水分ですから、やっぱり乾燥は害になるしかありません。
乾燥を防ぐためには、保湿をしっかりすること。

毎日が忙しい人には、フィトリフトのように、
1つだけで化粧水、乳液、パックなどしてくれるコスメもあります。

そして、肌を作るための良質なタンパク質と、
抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンEをたっぷり補給しましょう。

ビタミンAは肌や粘膜を強くしてくれる役割があります。
植物性食品の中ではβ-カロテンとして存在し、体内でビタミンAとして働きます。
ビタミンAは鶏レバー、ウナギ、ニンジン、春菊、ホウレン草、カボチャ、ニラ、小松菜、チンゲン菜などに多く含まれます。

ビタミンEは酸化を防止し、肌のうるおいをキープしてくれます。
ビタミンEはアーモンド、スジコ、タラコ、アユなどに多く含まれています。

 

エイジングケアは老化を予防し、美しく健康な肌を保つための方法です。
ですから、早くはじめても早過ぎるということはありません。

購入ボタン

エイジングケア、いつから始める?

今、注目されているエイジングケア、いつから始めればいいのだろう?
そういう女性は多いのではないでしょうか。

一方で、言葉は知っているけど、
まだエイジングケアする年齡じゃない、と漠然と思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実はエイジングケアを始めるのに早いということはありません。
なぜなら、若々しい肌というのは完成と共に日々失われていくからです。
ですから、従来通りのスキンケアを続けていても、ふと気づけば肌の老化に直面します。


先に結論を申しますと、エイジングケアを始めるべき時期に決まりはありません。

一般的に、エイジングケアを始めるべきタイミングとしては、
肌のハリや弾力が無くなってきたり、毛穴が垂れてきたと感じ始めた時です。

20代後半あたりで上記のサインに気づく人が多いようですが、
そのくらいからエイジングケアを始めていけば大きな間違いはないでしょう。



人間の肉体の成長は20歳前後をピークとして、
その後はお肌は下降線をくだっていくようになります。

ですから、20歳を過ぎた頃から肌の変化を感じるのが普通です。

ということは、
「エイジングケアは老化してからやればいいや」と呑気にしてた人、
「まだまだエイジングケアなんて早い」と思っていた人は、
考えを改めなければなりませんね。

ちゃんとわかって、適切なタイミングでアンチエイジングを始めてこそ効果大です。

 

また、加齢に落ち込むのではなく、前向きにエイジングケアを楽しみましょう。
暗い考えでは肌にもストレスが伝わってしまいます。

前向き・ポジティブこそが肌のアンチエイジングの精神的アプローチです。

エイジングケアは美容液やクリームなどの化粧品だけの外的作業ではなく、
精神面や運動、食べ物など、生活の中のあらゆる方面からのアプローチが可能です。

自分の肌を見て、エイジングケア開始のサインを読み取るのは有効な方法です。
「早いうちから始めるといい」という知識だけを覚えてしまうと失敗に繋がります。

というのは、肌のサインが何もなく問題のない時期から
エイジングケア用の化粧品を使うと、肌にとって負担になってしまうこともあるのです。

自分の肌と、いつも対話してみましょう。
毎日鏡でチェックし、肌のサインを読み取れるようにしておくと、
いざエイジングケアを始めてもその効果がよくわかるようになっていいです。

 

とりあえず早くからやっておいても損はないエイジングケアも存在します。
それは何を隠そう、紫外線対策です。

浴びた紫外線の影響は、10年後に肌に出てくると言われており、
年齢を重ねると共にシミやくすみ、たるみという形で表出します。

自分にあった日焼け止め用品をあらかじめわかって持ち歩き、
早くから紫外線対策をする習慣をつけておくことも、立派なエイジングケアなのです。

エイジングケアを知ってますか?

最近CMなどでエイジングケアという言葉を耳にすることが多いと思いますが、
皆さんはこのエイジングケアを知っていますか?

エイジングケアとは、「加齢に対するお手入れ」するという意味です。

お肌の曲がり角、という身の毛もよだつ言葉がありますが(笑)、
一般的に25歳と言われており、20代後半になると違いが鮮明に出てくるようになります。
そういう意味で、25歳はやはり一つの曲がり角なのでしょうね。

 

以前から遣われている言葉に、アンチエイジングというものがありますが、
基本的には同じような意味で使われています。

ですが、アンチエイジングはより老化防止の意味合いが強いので、
若い女性にはあまり似つかわしくありません。

また、アンチエイジングという言葉は誤解を招くことも多く、
その効果を明記することを化粧品は薬事法で禁じられれているので、
アンチエイジングという文字を使うことができません。

アンチエイジングという言葉が使えるのは厳密には医薬部外品です。

その代わり、化粧品の分野を中心にエイジングケアと言う言葉が出てきているのです。

 

さて、エイジングケアはどういう人に必要になるでしょうか?

以下に心あたりはありませんか?

・アイラインなしの目力に自信がなくなってきた
・顔の毛穴が目立ってきた
・口角が下がってきて、いつも不機嫌に見える
・目元や口元が乾燥しやすい
・顎の肉がたるんできたが、太ったわけではない
・ほうれい線が気になる

加齢と共に出てくる状態ではありますが、女性として好ましい状態ではないですよね。
ということで、多くの女性たちにエイジングケアが必要とされているのです。

 

さて、エイジングケアの紹介に入る前に、
老化の原因についてまずは知識を蓄えましょう。

老化の原因は、基本的に「紫外線による老化」と「乾燥」が二大原因となっています。

シミやしわ、たるみの原因といえば紫外線、ということはよく知られています。
夏は気にするけど、という方も多いと思いますが、たとえ夏以外だとしてもきちんとUV対策をしたり、

晴れの日も曇りの日も、ベランダでちょっと洗濯物を干すときにも、
しっかり日焼け止めを塗ることで、10年後の肌に違いが出るのです。
何でもその場だけのことを考えていてはいけませんよ。



そして、続いては乾燥対策。

今はネットを中心にいろんな知識や情報が氾濫し、
間違ったスキンケア方法やクレンジングのせいで、
乾燥肌やドライ肌になってしまっている方が今は多いそうです。

ぜひ、化粧水や美容液にこだわる前に、クレンジングや洗顔にこだわりましょう。
基本が一番大事です!

シャワーで顔を洗ったり、
オイルクレンジングに頼ったり、
クレンジングの後にコットンでゴシゴシ肌を削ったり、

そういうことをして化粧水や美容液ばかりこだわっても仕方ありません。
まずはクレンジングや洗顔をしっかりすることが乾燥対策には重要です。

 

エイジングケアについて、少しわかってきましたでしょうか?
単に化粧品選びだけではなく、生活の隅々にわってケアすることが必要です。